ESSAY

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 とりあえず、就職はまだです。
 厳しいですな~。
 
 近況ですが、「涼宮ハルヒの消失」を観ました。
 率直に言って、非常に面白かったです。
 放映時間が2時間半とかなり長めですが、ダレることなく、最後まで引き込まれて見ることが出来ました。
 テレビ未視聴だとさすがにどうかと思いますが、テレビ版を見ているハルヒ好きは、見る価値大いにアリと思います。
 僕はラノベ版も持っているので、「消失」のストーリーは知っていますが、ほぼ原作通り、もちろん映像化に当たり整理したり、演出上の都合で場所が変わっていたりなど細々とありましたが、基本的には完全に原作通りに物語は進みます。アニメ化にありがちな、ヘタな改変が皆無に等しかったことも、良かったですね。
 原作を知っていて、この後どういう展開になるのか、いちいち全部分かっていてもこれだけ楽しめたのですから、原作のストーリーを知らない人はもっと面白いんじゃないでしょうか。友人に一人、ハルヒ好きだけどラノベを読んでない人がいるので(薦めても「未完」を嫌って読もうとしない)、映画をぜひ薦めようと思います。
 これ、3期あるかなぁ。
 パンフを読むと、茅原実里がインタビューで「有希を演じるのはこれが最後かも知れない」という趣旨の発言をしていますが、期待してしまいますね。映画のラストで、例の「やり残したこと」のエピソードは含まれなかったし、「陰謀」で話数をかければ1クール分は普通にストックがある気がしますしね。
 非難轟々の「エンドレスエイト」は、以前もこのページで書いた通り、個人的には全然平気だったので、評価が事前に下がることもなく非常に楽しめた作品でした。
 
 あ、あと、先に書いたように、2時間半と長いので、劇場に行く方は事前のトイレをお忘れなく。
 後半の盛り上がるあたりで、幾人もの客が入れ替わり立ち替わりトイレに行くのが、なんだか集中力を削がれて残念でした。
 
 今回の話題は、そんなところです。
 小説の更新をしていないので、今回は私信以外の拍手メッセージがなく、初の返信なしです。
 新作についてですけど、こないだ友人とお喋りしていて、二本ほど粗設定を思いつきました。
 でも、帰ってきて奥さんに話したら、「それ、面白い?」と言われてしまったので、もう少し練るか、お蔵入りになるかの分岐点にいます(--;
 どっちにしても、就職活動と、この無職時代を生き抜くための数少ない個人のお仕事が最優先です。
 
 あ、あと、全然関係ない話題を一つ。
 ネットをうろうろしてると、ときどき「○○ェ...」っていうスラングを見かけるんですけど、これってなんですか? 単語の末尾が「え行」じゃなくても、何故か「ェ」を繋げてあるみたいなやつ。
 見かけるたびに、違和感でムズムズするんですけど。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。