ESSAY

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 1月に更新し損ねました。
 本当、すいません。
 
 プロットを書いている、と言い続けて早ウンヶ月ですが、相変わらず書いています。
 で、今までは、原作との整合性を取ったり、展開を参考にしたりするのにシナリオ集を片手に執筆していたんですが、展開が映画版に入って参考資料がなくなってしまいました。一応、記憶やネット上の文献なんかを参考にプロットを立てていたんですけれど、出来事の前後の順番とか、細かい設定とか、どうしても記憶が頼りだと書ききれません。
 で、今日、映画版のDVDを買って来ました。
 で、仕事のイラストを描きながら、DVDを流して「DEATH(TRUE)」と「Air/まごころを、君に」を超久し振りに見返しました。
 いやぁ、しかし、映像のクオリティ高い。
 特に個人的には、DEATH(TRUE)が素晴らしい。単なる本編の再構成、ということで不況を買いがちな作品ですが、当時もリアルタイムで観て、ひとり全身が総毛立ったのを覚えています。何度も観たので今更また総毛立つことはないですが、やっぱり素晴らしい。再構成だからこそ、映像のセンスが全てなわけで、そのセンスに関する限り、最高峰だと改めて思いました。摩砂雪はやっぱ凄い。
 
 今更ですが、涼宮ハルヒシリーズはいいですね。
 
 子供が面白い行動を取ったら、四コママンガとかにして残しているんですが、いまいち1歳くらいだとネタがないです。
 いや、毎日毎日面白いことの連続なんですけど、一般の1歳児と、やってることは変わらないので。
 早く、何か意味のある言葉を口走って欲しいです。
 そこから、一気に面白いことが連発しそうな気がします。
 いや、ほんと、毎日毎日、とっても楽しいんですけどね。
 子供生んで本当に良かった。生んだのは奥さんだけど。
 
 業務連絡です。
 トップページにも書きましたが、受信メールが吹っ飛びました。該当する方は、大変お手数ですが、メールの再送をお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。