ESSAY

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 まず進捗の報告です。現在、132話が1割です。
 
 結局、131話は、23割になりました。前回多めに見積もった量よりも、さらに多かったですね。
 でも、テキストファイルのサイズを比較してみると、アスカがカヲルを説得した回、あの回の方がファイルサイズがでかいんですよね。そうか~、あの回、そんなに長い自覚なかったけど、長かったんですねぇ。
 まぁ、例によって推敲すると全体量が伸びるので、もう少し増えると思います。
 
 さて、トップページの写真をご覧いただければ分かるように、本日、初日に「破」を観てまいりました。
 たった一言、漢字二文字で感想を述べるとするならば、「最高」です。
 以下に、感想を書きます。うちのサイトの性格上、多くの方が劇場でご覧になるでしょうから、ネタばれしないために白字で書きますので、読みたい方は反転してご覧ください。
 できれば映画をご覧になってから読んで下さいまし。
 
 まず、いろいろ言いたいことはいっぱいあるのですが、なんと言っても感動したのは、シンジのあのセリフです。
 代わりはいる、といったレイに対して、代わりなんていない! 綾波は綾波だ、と叫んだシンジを見ながら、僕の胸を熱くさせたのは、「ああ、シンジに10年間、ずっと言って欲しかったセリフを、とうとうシンジが言った!」という思いでした。
 どれほどのLRS者が、シンジがそう叫ぶのを待ち望み、公式では決して言ってくれない鬱憤を二次創作にぶつけてきたことでしょう。
 ああ、言ってくれた、言ってくれたよ! と、一人感動していました。
 そして、テレビ版で逃げ続けたシンジが、逃げること無く限界を超える力で伸ばした手を、自分の意志で掴んだレイ。
 ああ、なんと言うか、本当にLRSを見ているようです(^^)
 
 代わりに、アスカが好きな人にとっては、ちょっと酷な内容かな、とも思いましたが、アスカにとってもいいストーリーだったと思います。アスカに人間味が増したというか......。自分以外認められなかったアスカは、最後まで自分以外の人間を認められなかったからこそ、テレビ版のラストでは壊れてしまった。
 しかし、今回の劇場版では、アスカはシンジやレイを認めています。それは確実に、一歩大きく、テレビ版よりも先に踏み出した姿と思いました。
 弐号機に強行に固執しない姿も、それを感じさせましたが、もしかすると今回の劇場版では、弐号機の中はキョウコじゃないのかも知れませんね。
 あと、加持がアスカではなくマリ付きになって、アスカとの接点が無かったことも、アスカの成長にとってはプラスに働いた気がします。テレビ版のアスカは、なまじ加持という「格好いい大人」に憧れてしまったがために、子供であるシンジを受け入れ難くしていた面があったハズ。それが無い分、同じ年齢の子供として、等身大に見ることができたのかもな、と思いました。
 
 あと、レイも成長著しい。シンジに対する好意をはっきり表わしているのもいい感じですし、シンジのために食事会を企画するなんて、テレビ版のレイではありえなかったこと。う~ん、いいですねぇ。
 ミサトも、非常にいい大人として描かれています。序でもそういう傾向はありましたけど。テレビ版の、チルドレンに理不尽な要求をぶつける大人の象徴ではなく、もっとチルドレンの心情を慮ってやれる存在になっています。最後の、リツコたちがやめろという中で一人だけ背中を押すミサトは最高ですね。
 
 事前にネットで絵が流れた四本足のエヴァは、あっという間に退場しちゃいましたね。もっとメインで出ると思ったのでびっくりです。
 あと、使徒がいちいち格好いいですね。
 
 予測が外れること前提の、予想。
 カヲルのいた月がテレビ版の地球で、地球が月かな、と思いました。
 
 ともかく、「Q」も必ず初日に劇場に行こう、と誓いました。

 
 しかし、10時に池袋に行ったら、もう全席埋まっちゃっていたのには驚きました。見積もりが甘かったと言えばそれまでですが......。
 慌てて駅を移動して事なきを得ましたが、もう1時間早く動けばよかったなと思います。
 
 招待券を頂く機会があったので、夫婦で手塚治虫展を見に行きました。
 原画の持つ力はすごいですね。
 あと、虫プロの絵コンテが数点展示されていたんですが、それを描いたのが、錚々たるメンバーで、凄かったんだなぁと感嘆しました。
 
 他にも書こうと思ったことはいろいろあったんですが、エヴァ劇場版で全部ふっとんでしまいました。
 
 
 メッセージに返信します。
 
LRSは正義だ!!  そうですね。でも、アスカもいいですよ~。
 
一話ぐらい20割くらい分量のあるモンがあってもいいんじゃない?30分ずつのテレビ版に対して2時間の劇場版、みたいな。  20割、超えちゃいました(^^;
 
次回の更新はとうとう、2nd RING 更新ですね!!(・・・ですよね?)今から、楽しみです!!1週間から2週間おきに更新されるというのも、いい案だと思います。1週間がんばろう、という気になれます^^  いや、いやいや、まだ1話あるので、今回の公開は無理です(^^;
 もうちょびっとお待ちくださいm(_ _)m
 
映画版って結局どういう落としどころになるんでしょうね・・・・・2nd Ringの方はハッピーエンドだといいなあ  今回、「破」を見ても、どうやって終わらせるのか全然分かりません。でも、予測が付かない方が楽しいですよね。
 2nd RINGについては、もうすぐ終わりますので、期待せずにご覧ください(^^)
 
バスタードの最新刊はいかがでした?  ジャンプコミックスの方は買ってないので、そっちの展開は分からんです。
 
自分が初めて訪問したのは116話が公開されたあたりです。 かれこれ8年位になりますね、こちらにお邪魔し始めてから。 初めて貴方のサイトを拝見したのが高校一年のときで、私は今大学4年生です。月日が経つのは早いですねぇ、今エヴァssのサイトを回ってみるとよく閉鎖しちゃってたりするんですがここは閉鎖してなくてなんか安心しました。 自分の場合は第四部が終わった直後で、まだ加持さんが撃たれて無い頃だったから...丁度4年位になりそうです 私が中学二年生の時にこのサイトを見つけて、もう大学三年生まで来ちゃいました。  ああ~、みなさん、前回のESSAYに反応していただいてありがとうございます。
 やっぱり、新しい方から、以前からいる方まで、さまざまですね。
 でもこれって、エヴァというコンテンツのパワーですよねぇ。常に、新しい世代にも刺激を与え続けるという......。
 あとは、二次創作を書きたくなるような隙が多い作品、っていうことでもあるでしょうけども。
 
2nd Ring、連載当初から見てますよー。この作品のおかげで自分も二次創作に(読む方も書く方も)ハマってしまいました。  おお、当初からいる方が......。
 なんというか、本当、ご迷惑をおかけします(^^;;
 自分も書きたい、という刺激になったのは、嬉しいですねぇ。
 
公開当初からいますよ!!chatで1度話した記憶があります(笑)  おおっ!? どなたでしょうか......。
 昔は、チャットに毎晩いたんですよね~。
 隔世の感が......。
 
中学生の頃......ここにあったCGの描き方ページにお世話になりました......。アレから何年たったことやら。アレがきっかけで今も写真屋を使っている身としては感慨深いです。  ああ~懐かしい(^^;
 そして恥ずかしい(^^;;;
 
エヴァ破・・・・すごいですよ。後でDVDで見るとか言ってると、絶対に後悔します。  もちろんですよ~(^^)
 分かっておりますよ~(^^)
 みなさんも後悔するので劇場でご覧くださいね~(^^)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。