ESSAY

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 いつもいつも、このESSAYに書こうと思って脳味噌の引出しにネタをストックしておきながら、いざ書こうとなると引き出しの底に穴が開いていて全部忘れちゃう......という現象に見舞われていることは、いつもここに書いているとおりです。
 今回は、何回も前から「書きたい」と思っていたのに忘れちゃって書けなかったことを一つ思い出したので書きます。
 既に、旬なネタではないのですが、セブンイレブンのお弁当のふたを止めるセロハンテープが、新しくなったのをご存知でしょうか?
 それまでは、普通の一般的なセロハンテープで止まっているか、パックされているかのいずれかでした。それが、汁物を除いてパックされたお弁当が無くなり、全てセロハンテープ止めになりました。そして同時に、セロハンテープそのものが一般的なセロハンテープではなく、独自開発と思われる「切りやすいセロハンテープ」に変わりました。
 勝手に類推するに、経緯の流れはこうでしょう。ゴミ問題などが声高に叫ばれる昨今、セブンイレブンとしても、少しでもゴミを減らすために、ビニルパック包装をやめよう。しかし、従来のセロハンテープでは、キッチリ止まりすぎて取りにくく、これに全て切り替えるとお客さんに悪いし苦情も出そうだ。かと言って、取れやすいテープにするのは不慮の事故で取れてしまうなどの問題が起こりそうで良くない。では、接着力は従来通り、だが、指で簡単にちぎれるテープを開発すればよい。→で、開発に見事成功し、万事無事、切り替えに成功しました。
 
 さて。
 上記の経緯に、何か問題があるでしょうか?
 何もありませんね。ゴミ問題は重要なテーマですし、ビニルパック包装をやめたのは素晴らしい判断です。お客の利便性を考えて、そこまで頑張らなくてもいいはずのセロハンテープの質にまでこだわった姿勢も称賛に値するものです。
 でも、僕はとても不満です。切り替えがされて既に数か月、その不満はお弁当を買うたびに僕を襲います。
 なにが、そんなに不満なんでしょう?
 
 その理由は、「とにかく新セロテープが使いにくい」からです。
 普通のセロハンテープのままのほうが、よかった。
 確かに、従来のセロハンテープに比べて、とても切れやすくなっています。その方向性は間違ってない気がします。でも、皆さん、想像して下さい。たとえば、ラーメンの粉末スープの袋なんかで、「こちらがわのどこからでも切れます」って書いてある、マジックカットっていう技術がありますよね。あれはなかなか重宝する素晴らしい技術ですが、なぜ、あの技術が使いやすいのか。それは、「横には裂けても縦には裂けない」からです。垂直に切ろうとして、いきなり辺と水平に切り込みが入ったら使いにくくて仕方がありません。
 セブンイレブンのセロハンテープにも、同じ機能が求められます。だって、セロハンテープを切るのに、短冊みたいな方向に切る人、いますか? いないでしょう? 横に切れても縦には切れない、そういう状態になって初めて、「使いやすい」と言えると思います。
 ......まぁ、新セロハンテープの、縦横無尽に切れること。
 フタ部分と皿部分をセロハンテープでとめると、側面に浮いてる部分ができますよね。ここに指をひっかけて、横方向に引っ張ってテープを剥がす、というのが、一般的な剥がし方だと思います。
 新テープはそのやり方で剥がすと、確かに剥がれるのですが、同時に「引っかけた指にもテープ片が残る」のです。分るでしょうか? 縦にも横にも簡単に切れてしまうので、セロテープが細かく裂けて、バラバラになってしまうのです。
 フタに残る部分、皿に残る部分、この二つにバラバラになるのは大歓迎ですが、指に残るのはまったく必要ない。しかも、ほぼ必ずそうなります。
 新セロテープの実験を、何度もしたはずです。この現象に気付かなかったとは思えない。
 いったい、どういうつもりなのでしょうか。
 家の目の前にセブンイレブンがあるので、物凄いヘビーローテーションでセブンイレブンを利用するだけに、本当にこの改悪には困っています。元のセロハンテープに戻してくれないかなぁ、と思いながら、指についたテープ片を剥がす毎日です。
 
 
 メッセージに返信します。
 
2nd RINGまったり読まさせていただいてます。(エラーが出るのが痛い;; 小説の文字が全部表示されないのですが...なぜでしょう...?  この、「エラーが出る」とか「文章が途中までしか表示されない」という現象は、こちらでは確認できていません。エラーっていうのは、どういうエラーでしょうか......。文章が途中で切れる件は、まずもしも携帯でご覧になっている場合には、長い文章は途中で切れてしまうことが多々あるのでPCでご覧いただくとして、そういう意味ではない場合......考えられるのは、初回の閲覧時に、何らかの理由で読み込みの途中で失敗して切れてしまい、二度目の閲覧以降はローカルのキャッシュを読んでいる、という場合。その場合には、ブラウザのキャッシュをクリアすることで解消できます。それでも解消されない場合は、回線が非常に細くて不安定なために、最後まで読み切ることができないとか......? しかし、実際のところ、こういう問題点を指摘される方はほとんど皆無ですので、読者さんの環境固有の問題であるのは、ほぼ間違いがないと思います。どうしても読めない場合にはソースを直接お送りしますので(ローカルのファイルを読むなら、回線の細さやソースの重さなどが原因の場合は解決するハズ)、メールにてご連絡ください。
 
2nd RINGすごい面白いです!出来れば完結した後も後日談とか短いssを書いていただきたいです!  後日談......。
 実は、ちょっと興味をそそられないこともないのですが、それを書くかどうかは、終わった時の気持ち次第ですかね。もしかしたら「書き切った感」があるかも知れませんしね~。
 あとは、(まだ構想もかけらもないですが)次回作を書きたくなって、後日談どころではなくなるかもしれないですし(^^;
 でも、少なくとも現時点では、書いてみたい気持ちは結構あるので、なにかエピソードが沸いたらちょこちょこ書くかもしれませんです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。