ESSAY

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 第百五話、公開です。
 しかし、なかなか話が進まないなぁ......プロット通りなんですけど、こうも更新頻度が遅いと、もう少しペースを上げるべきかも。
 しかし冷静に考えると、一カ月に一本のペースって、めちゃくちゃ遅いわけでもないような......って、ダメですか、やっぱり(^^;
 
 久々にリンク依頼が来たので、これを機にリンク集の整理をしました。
 既に発見不可能なもの、ページはあったものの管理者さんが「閉鎖します」と明言しているものなどを削除しました。
 尤も、本当に閉鎖したのか半信半疑のものや、友人の主催するサイトでリンク集から消すと連絡が取れなくなっちゃいそうな気がするものなどは、ごく僅かですが残してあります。
 ともかくそういうことで整理しましたので、「実はURLを移動しただけ」とか「サーバの不具合で偶然消えてただけ」とか、何らかの事情がある方はご連絡下さい。復活させますので。
 
 しかし、僕はリンク集にリンク先を追加するときに、管理用に通し番号を振っているのですが、それが「103」になったにも関わらず、残っているリンク先は「71」。3割が消滅した計算になります。
 寂しい気もしますが、まぁ......それが当たり前かも。
 
 「エヴァSSサイトは衰退している」という論調をよく目にしますが、それでも続いているサイトは多いし、新しいサイトも確かに作られ続けています。古参を気取って嘆くのは、若干、情けない意見のような気がしますね。
 大体、自分さえ続けていければ、それでいいのでは? 自分が作品を発表して、かつ、それを読んでくれる読者がいる。それで世界は完結しているのだし、他人のサイトに文句を言うのは筋違いです。そうして嘆いている管理者も、次の日には何らかの事情でサイトを閉じるかも知れない。その時に他人から文句を言われたら、やっぱりいい迷惑ですよね。
 はっきり言って、サイトを開くも閉じるも、管理者の勝手です。
 
 てなわけで、このサイトは、これからも、地道にフツーに活動し続けます。よろしく。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。