ESSAY

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先週決めた2ヶ月間の2nd RING休止について、たくさんのメールを寄せていただいております。その多くは激励などを含む暖かいお言葉なのですが、批判めいたものもいくつか届いています。
 残念ですし、哀しい、と、思います。
 趣味でやっている連載ですから、それくらい......とは、ここでは言いません。確かに、皆さんに読んでいただきたくて作品を掲載しているわけですし、皆さんからの感想に支えられているのは間違いありません。しかし、それにしても......。
 作品を凍結する、と言っているわけではないのです。むしろ、再開時期を初めから明確に公言した、一時的な休載に過ぎません。それも、許されないことなのでしょうか?
 
 閑話休題。
 来るべき夏に向けて、デフォルト装備のCUBEでは安定性に非常に不安を感じたため、ビックカメラでCUBE専用の外付け冷却ファンを買ってきました。と、言っても、買ったのは半月近く前ですが。
 現在のところまだ効果のほどは分かりませんが、確かに空気の流れは感じるし、無いよりはあったほうが遥かによいでしょう。大体、仕事の最中に吹っ飛んだりしたら目も当てられません。これは、売り上げに対する投資というものです。
 しかし現在、CUBEにはスキャナ・外付けHD・外付けMO・外付けFDとくっついていますが、本体含めそれら全ての合計より、この冷却ファン一台の方がうるさい!
 考えてみればCUBEのウリの一つである静粛性はファンをとっぱずす構造のおかげで実現したものですから、あとからファンをつければうるさいのは当たり前、ですね。
 早く秋になって、ファンのスイッチを入れずに済む季節になって欲しいものです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。